HOME>アーカイブ>業者の選び方とその仕組みを意識しておこう

金額や対応で選ぶ

廃船

廃船にする場合には、自分でるし処理することはできませんので、業者にやってもらう必要があります。多くの場合は、廃船業者との付き合いはないため、いったいどのような業者を選んだらよいのかわからないでしょう。このような場合には、業者を比較することが必要になります。一番単純な方法は、それぞれの金額で比較する方法でしょう。通常船を壊す場合には、いくらかお金がかかりますので、それぞれの金額を見てどこがよいか決めましょう。次に考えるべき方法は、割引きサービスなどが適用されているかどうかを確認することです。サービスが適用されている時期は、格安で処分することが可能になるものです。

キャンペーンを見逃さない

工事現場

いらない船を廃船業者に依頼した場合には、そのサービス内容などを確認しておきたいところです。業者によってはキャンペーンを行っているときがあります。例えば1か月間だけ格安で商売してくれるといった内容のものがあります。このような場合には、その時期を見逃さず表明した方がよいでしょう。いつ処分をしても料金が変わらないとすれば、キャンペーンが行われて格安で処分できる段階で処分をした方が、よりよい結果になります。

運んでくれるところもある

工事現場

必要なくなった船を処分する場合には、自動車などと異なり道路を自分で走っていくことはできません。船にタイヤが付いていることはないからです。この場合には、廃船業者に取りに来てもらうか自分で持っていくしか方法はありません。業者によっては、取りにしてくれるところもありますので一度確認をしておいた方がよいです。取りにしてくれる場合には、それだけ別料金がかかる可能性もありますが、中には無料で取りにしてくれることもありますのでチェックしておきましょう。